公演案内

トップページ > 公演案内(声楽・オペラ) > チャリティ・コンサート ジョイント・リサイタル


公演案内
  • これからの公演

〔中止・延期〕

チャリティ・コンサート ジョイント・リサイタル

日時

2020年4月17日(金)19時
2020年11月10日(火)19時に延期となりました。会場は同じです。

会場 浜離宮朝日ホール(東京・築地)
料金 全自由席 ¥4,000
出演

ソプラノ:長島淑子

メゾ・ソプラノ:望月友美

ピアノ:トリスタン・ラエス

曲目

ブラームス/「現象」「姉妹」

リスト/「ローレライ」「おお愛せよ愛しうるかぎり」「それはきっと素晴らしいこと」「3人のジプシー」

ドヴォルザーク/「モラヴィア二重唱曲」より

フォーレ/「蝶と花」

ショーソン/「ハチドリ」

ビゼー/「テントウムシ」

オッフェンバック/「ラ・フォンテーヌの6つの寓話」より

カプレ/「ラ・フォンテーヌの3つの寓話」より

フォーレ/「タランテラ」

[チケット取扱い]

  朝日ホールチケットセンター TEL.03-3267-9990

  ミリオンチケット(オンライン・チケットサービス)

[コンサートマネージメント]

  ミリオンコンサート協会 TEL.03-3501-5638


※ ご購入頂いたチケット代の半額を、社会経済的に困難な状況にある若者を対象とした人材育成に取り組む“ビヨンドトゥモロー”に寄附いたします。

チャリティ・コンサート ジョイント・リサイタル・チラシ

チャリティ・コンサート ジョイント・リサイタル・チラシ

★画像をクリックすると

大きくなります。


出演者プロフィール



長島淑子(ソプラノ) Yoshiko Nagashima/Soprano

 武蔵野音楽大学声楽科卒業。松内和子教授に師事。
 卒業後、ウィーンに留学。リリー・コラー教授に師事。
 一方、オーストリア国立ウィーン音楽大学リート・オラトリオ科に入学し、ローマン・オルトナー教授、クルト・シュミーデック教授、ヘルムート・ドイチュ教授、エリック・ヴェルヴァ教授に師事、同科を最優秀で卒業。その後もコラー教授に師事、2006年没後は、宮廷歌手ゲルトゥルート・ヤーン氏に学んでいる。留学中は、演奏会に出演すると共に、教会で独唱者として数多く演奏する。
 その後、居をイギリスに移し、当地では、ケンブリッジ大学コーラス・ソサエティの独唱者を務め、ハイドン「天地創造」、モーツァルト「ハ短調ミサ」などを演奏する。また、同国各地でリサイタルも行う。
 帰国後は、ドイツ歌曲、ウィーン民謡、古楽の演奏会、ヴォルフ協会主催の演奏会等に出演する。サントリーホール、王子ホール、浜離宮朝日ホールにおいてリサイタルを開催している。
 イギリス王立音楽大学賛助会員。日本フーゴー・ヴォルフ協会同人。東京リート研究所会員。



望月友美(メゾ・ソプラノ) Tomomi Mochizuki/Mezzo Soprano

 国立音楽大学音楽学部器楽科卒業後渡仏し、パリ国立地方高等音楽院声楽科を首席(プルミエ・プリ)で卒業後、パリ市立17区音楽院古楽アンサンブル科において首席特別賞を受賞し卒業。ドイツ・カールスルーエ国立音楽大学を最優秀の成績で卒業し、ドイツ国家演奏家資格取得。
 第75回日本音楽コンクール声楽部門第1位併せて松下賞受賞。第4回トゥールーズ国際フランス歌曲コンクールにおいて日本人初のグランプリを受賞の他、数々の国際コンクールで入賞。
 古典から現代音楽に至るまで、幅広い分野のレパートリーを誇り、ドイツ・ヴォルフ・アカデミー主催演奏会、古楽アンサンブル「プレシピタスィオン」での公演、フランス・エクサンプロヴァンス音楽祭等に招かれるなど、ヨーロッパ各地の劇場、音楽祭で公演。
 日本においては、ベートーヴェン「交響曲第九番」のソリストとして各地に招かれている。オペラにおいては、スズキ「蝶々夫人」、ツィータ「ジャンニ・スキッキ」、二宮玲子作曲「MABOROSI──源氏物語」における中将の君役を演じ、好評を得る。二期会会員。



トリスタン・ラエス(ピアノ) Tristan Raës/Piano

 6歳から彼の父Alain Raës(ジュネーヴ国際コンクール・グランプリ受賞)とピアノを学び始める。13歳、パリのスコラ・カントルム音楽院でプルミエ・プリを得る。リル音楽院の金賞受賞後、1999年パリ音楽院に入学、ブルーノ・リグット教授のもと2002年プルミエ・プリ受賞。同年、チェコ・モラヴィア国際コンクールで2位、現代音楽特別賞受賞。室内楽をマリー=フランソワーズ・ビュケ、ダリア・ホヴォラ両氏に師事すると共に、ニコラ・アンゲリッシュ、パスカル・ドゥヴァイヨン、ピエール・ブーレーズ(作曲家の作品演奏のため)らと研鑽。
 04年フランシス・プーランクのピアノ2台のための全曲を録音し、音楽評論家から絶賛を浴びる。その後、楽器のため伴奏科をジーン・コーナー、声楽のため伴奏科をアンヌ・ル・ボセックの両氏と学び、07年、09年審査員全員一致プルミエ・プリ受賞。パリでのナディア&リリー・ブーランジェ国際コンクールでプルミエ・プリ。リヨン室内楽国際コンクールではテノールのシリル・デュボアとデュオ・プルミエ・プリ、バイエル特別賞、観客賞受賞。
 ソリスト、室内楽、伴奏者として、幅広いレパートリーを持つトリスタン・ラエスは、フランスを中心にヨーロッパ、サンクトペテルブルク、イタリア、スペイン、ドイツ、イギリスで活躍。


このページのトップへ戻る

トップページへ戻る