指揮

トップページ > アーティスト〈弦楽器〉 > 森下幸路(もりした・こうじ)

アーティストのご紹介
  • 指揮
  • 声楽
  • ピアノ
  • 弦楽器
  • 管楽器
  • 室内楽
  • ギター/ハープ
  • ハーモニカ/マリンバ
  • 箏・三絃
  • 作曲/評論
  • 研究/演奏団体

森下幸路〈ヴァイオリン〉

Koji Morishita〈Violin〉

森下幸路

 4歳よりヴァイオリンを始め、8歳で米国ニューオリンズ・フィルと共演し、早くから才能を開花させた。桐朋学園大学音楽学部を経て、米国シンシナティ大学において特別奨学生として、名教師ドロシー・ディレー女史に学び、最優秀賞(オーナーズ表彰)を受賞。

 帰国後は、1988年から92年まで安田謙一郎弦楽四重奏団のヴァイオリン奏者を務める傍ら、小林道夫氏と「ベートーヴェン/ソナタ全曲シリーズ」を各地で開催するなど、ソロ、室内楽で活発な演奏活動を行う。

 89年から、サイトウキネン・オーケストラのメンバーとしてヨーロッパ、アメリカでの海外公演や、サイトウキネン・フェスティヴァルに参加。94年から2000年8月まで、仙台フィル・コンサートマスターを務める。

 その間、毎年東京でリサイタルを開催。1996年からは、毎年テーマを設けて挑む『10年シリーズ/森下幸路ヴァイオリンリサイタル』を東京と仙台を中心に各地で展開、2007年にシリーズ完結後は、新たに『森下幸路 10年シリーズ+(プラス)』を始動。“クラシック音楽をもっと身近に”をモットーに、独自企画された「音楽のタネあかしシリ-ズ」、「森下幸路コンサートシリーズ」なども積極的に開催する。1999年には、ギターの福田進一と全国12都市で公演を行い、日本初演や異色かつ意欲的なプログラムに挑み、高い評価を得る。2011年から毎年、北ドイツ音楽祭に招聘されている他、2013、14年と2年続けて台湾でマスタークラスとリサイタルを開催する。

 これまでに江藤俊哉、アンジェラ夫妻他に師事。1997年度宮城県芸術選奨新人賞受賞、平成16年度浜松市ゆかりの芸術家顕彰者。現在はソロ活動の傍ら、浜松フィルのコンサートマスター、大阪響の首席ソロ・コンサートマスターを務めるほか、全国の主要オーケストラに度々ゲスト・コンサートマスターとして招かれている。大阪音楽大学特任教授。