指揮

トップページ > アーティスト〈弦楽器〉 > エマニュエル・ジラール

アーティストのご紹介
  • 指揮
  • 声楽
  • ピアノ
  • 弦楽器
  • 管楽器
  • 室内楽
  • ギター/ハープ
  • ハーモニカ/マリンバ
  • 箏・三絃
  • 作曲/評論
  • 研究/演奏団体

エマニュエル・ジラール〈チェロ〉

Emmanuel Girard〈Violoncello〉

エマニュエル・ジラール

 1970年フランス・ブザンソン生まれ。パリ・ソルボンヌ大学で美術史、ラングゾー=フランス国立東洋言語大学で日本語を学び、パリ国立高等音楽院でフィリップ・ミュレール、クリスティアン・イヴァルディ、クリストフ・コアンの各氏に、マスタークラスでアンナー・ビルスマ氏に師事。同音楽院をチェロ、室内楽共にプルミエ・プリ(1等賞)で卒業。さらに同音楽院の古楽器科において、バロックチェロと通奏低音を学ぶ。またルネッサンス音楽についても研鑽を積み、独学でヴィオラ・ダ・ガンバとリュートを学ぶ。

 その後、チェリストとして、ソロ、室内楽の分野で活発な演奏活動を行う傍ら、ラ・シャンブル・フィルハーモニック(E・クリビヌ氏指揮)、レ・タロンリリックの主要メンバーとしても活躍。近年は、ヴィオラ・ダ・ガンバ奏者としても多くの優れた演奏家と共演している。

 ザルツブルク古楽祭、ストックホルム水上の音楽祭、仙台クラシックフェスティバル、軽井沢国際音楽祭などの音楽祭に招かれるほか、カーネギーホール(ニューヨーク)、シテ・ドゥ・ラ・ミュージック(パリ)、アン・デア・ウィーン劇場(ウィーン)、東京オペラシティ(東京)、響ホール(北九州)等、国内外の主要ホールで演奏を重ねている。横浜国際音楽コンクール、山梨国際古楽コンクール審査員。

 現在、桐朋学園大学音楽学部特任教授を務める傍ら、宮城学院女子大学でチェロ、ヴィオラ・ダ・ガンバ、室内楽の指導を行う。

 CDは「J.S.バッハ無伴奏組曲全曲」(チェロ&ピッコロ・チェロ)、「20th Century Folk Cello Solo」(レコード芸術誌準特選盤)をリリース。使用楽器はカルロ・アントニオ・テストーレ(1750年イタリア・ミラノ)作。