指揮

トップページ > アーティスト〈箏・三絃〉 > 片岡リサ(かたおか・りさ)

アーティストのご紹介
  • 指揮
  • 声楽
  • ピアノ
  • 弦楽器
  • 管楽器
  • 室内楽
  • ギター/ハープ
  • ハーモニカ/マリンバ
  • 箏・三絃
  • 作曲/評論
  • 研究/演奏団体

片岡リサ〈箏・三絃・歌〉

Risa Kataoka

片岡リサ

 大阪音楽大学卒業、同大学専攻科修了。1993年、日箏連全国箏曲コンクール一般の部第1位・大阪府知事賞受賞。98年、宮城会全国箏曲コンクール一般の部第1位受賞。大学在学中に大阪音楽大学オペラハウス管弦楽団と共演し、2000年には「京都・国際音楽学生フェスティバル2000」に日本代表として選抜出演する。

 平成11年度大阪府舞台芸術奨励新人に選出。同年度大阪文化祭奨励賞を受賞。平成13年度文化庁芸術祭<音楽部門>新人賞を、洋楽邦楽問わず史上最年少で受賞。平成13年度文化庁新進芸術家国内研修員として研鑽を積む。平成14年度大阪舞台芸術奨励賞を受賞。

 2007年3月には大阪フィルと世界初演の新作を共演、好評を博すほか、日本フィル東京定期演奏会(サントリーホール)で山本直純作曲『和楽器と管弦楽のためのカプリチオ』のソリストとして公演を大成功に導いた。また、『Disney on CLASSIC』の初公演において、ディズニーの名曲を東京フィル・大阪センチュリー響と共演するなど多くのオーケストラと共演、洋楽器とのアンサンブルや現代作品にも力を入れている。

 また「歌」にも定評があり、箏曲の古典「地歌」だけでなく、ベルカント唱法での弾き歌いも行ない、関西歌劇団のオペラ公演にも出演している。2013年には、韓国から伝統楽器奏者を招き、「日韓絃の響き」公演を東京と大阪で開催し、高い評価を得た。平成18年、19年度(財)地域創造の公共ホール音楽活性化事業登録アーティストとして、国内各地でコンサートやアウトリーチ活動を行う。現在、同支援事業アーティスト。平成22年度、第21回出光音楽賞受賞。現在、大阪音楽大学・同志社女子大学非常勤講師、宮城社師範。