指揮

トップページ > アーティスト〈ピアノ〉 > 渡邉康雄(わたなべ・やすお)

アーティストのご紹介
  • 指揮
  • 声楽
  • ピアノ
  • 弦楽器
  • 管楽器
  • 室内楽
  • ギター/ハープ
  • ハーモニカ/マリンバ
  • 箏・三絃
  • 作曲/評論
  • 研究/演奏団体

渡邉康雄〈ピアノ・指揮〉

Yasuo Watanabe〈Piano, Conductor〉

渡邉康雄

 日本フィル創立指揮者の渡邉曉雄の長男として1949年東京に生まれ、東京藝術大学附属高校の作曲科を卒業後に渡米し、ニューイングランド音楽院とジュリアード音楽院において学ぶ。

 1972年に東京文化会館における東京フィルの定期演奏会において、ブラームスのピアノ協奏曲第2番を父子共演してピアニストとしてデビュー。以後、我が国はもとより、世界各国の著名指揮者たちと協奏曲を多数協演する。

 2007年に音楽監督を務めた第7回津山国際総合音楽祭において九州響を率いてデリック・クック版マーラー/交響曲第10番を指揮し、大成功に導いた。他に日本フィル、アンサンブル金沢、東京都響、京響、群響などを指揮。

 音楽学部長を歴任したくらしき作陽大学の教授職を2015年3月末に定年退職し、現在は同大学名誉教授。他に桐朋学園大学非常勤講師、若い音楽家のためのチャイコフスキー国際コンクール審査員、東京藝術大学附属高校同窓会会長、北欧音楽祭すわ名誉会長などを務めている。

 2015年より3年連続して秋に続けられた東京でのリサイタルは、多くのマスコミなどと共に各専門家の間でも絶賛された。

 2019年3月17日(日)には、紀尾井ホールにおいてベートーヴェンのピアノ協奏曲第1番と第5番「皇帝」を弾き振りする「渡邉康雄の世界・古希記念・ベートーヴェン協奏曲演奏会」を開催する(管弦楽:オーケストラ・アンサンブル金沢)。

 オフィシャル・サイト http://yasuo-watanabe.jp/