指揮

トップページ > アーティスト〈ピアノ〉 > 上杉春雄(うえすぎ・はるお)

アーティストのご紹介
  • 指揮
  • 声楽
  • ピアノ
  • 弦楽器
  • 管楽器
  • 室内楽
  • ギター/ハープ
  • ハーモニカ/マリンバ
  • 箏・三絃
  • 作曲/評論
  • 研究/演奏団体

上杉春雄〈ピアノ・医師〉

Haruo Uesugi〈Piano, Doctor〉

上杉春雄

 1967年、北海道生まれ。ピアニストとして、ソロ、協奏曲、室内楽などのステージおよびレクチャーを行い、2013年にデビュー25周年を迎えた。ピティナ・ピアノコンペティションG級金賞・グランプリ、マリア・カナルス国際コンクール上位入賞など入賞多数。

 1988年東芝EMIよりCDデビュー。サントリーホール、大阪ザ・シンフォニーホールでのリサイタルを皮切りに、これまで札幌コンサートホールKITARA、紀尾井ホール、浜離宮朝日ホール、Hakuju Hall、兵庫県立芸術文化センター等、全国各地でのソロ・リサイタルや、札幌響、オーケストラ・アンサンブル金沢、東京フィル、読売日響など共演多数。

 ライフワークとするバッハ演奏では、2012年にリリースした「平均律クラヴィーア曲集第1巻」(オクタヴィア)が「レコード芸術」誌上で特選盤に選ばれるほか、全国各地でレクチャーを行う。NHK-FM「名曲リサイタル」、浜離宮ランチタイムコンサート、Hakuju Hall「リクライニング・コンサート」等に出演。また勤務先などでも病院内コンサートを開催。これらの活動はNHK「芸術劇場」、「未来への展望」、読売新聞「顔」欄などで取り上げられている。

 執筆、翻訳にも精力的に取り組み、歌唱伴奏を師事した世界的なコレペティトゥアのM.カッツ氏の著書「ピアノ共演法」を翻訳(音楽之友社)。また、中丸三千繪、波多野睦美、故G.Sima(元ウィーン国立歌劇場専属歌手)、森 麻季らの歌手と共演、器楽奏者では、諏訪内晶子、川本嘉子、藤原真理、A.スコチッチらと共演を重ね、近年は、クロアチアやオーストリアなど海外でのリサイタルも行っている。

 2007年より「バッハ連続演奏会シリーズ」として、平均律第1巻、第2巻、「ゴルトベルク変奏曲」を取り上げてきた。16年より4コース目として「パルティータ」の連続演奏会を始める。

 北海道大学医学部卒、東京大学大学院医学研究科修了。スウェーデン・ウプサラ大学臨床神経生理部門留学。医学博士、日本内科学会認定医、日本神経学会専門医、認定指導医、日本臨床神経生理学会認定筋電医。現在、札幌山の上病院院長。

 これまでに河原裕康、宮澤功行、弘中 孝、小林道夫、藤井一興、北川 正、ヨーゼフ・ディヒラー、ヨゼフ・ブロッホ、アンジェイ・ヤシンスキ、ショイモシュ・ペーター、ペーター・ラング、ラントシュ・イシュトヴァーン、ベンジャミン・キャプラン、ヴラディミール・トロップ、イエルク・デームス、ハリーナ・チェルニー=ステファンスカ、パヴェル・ギリロフの各氏にピアノを、木村雅信、山口博史の両氏に作曲・音楽理論を、渡邊順生氏にチェンバロを、石坂 宏、三上かーりん、マーティン・カッツの各氏に歌唱伴奏法を学ぶ。