指揮

トップページ > アーティスト〈ハーモニカ/マリンバ〉 > 和谷泰扶(わたに・やすお)

アーティストのご紹介
  • 指揮
  • 声楽
  • ピアノ
  • 弦楽器
  • 管楽器
  • 室内楽
  • ギター/ハープ
  • ハーモニカ/マリンバ
  • 箏・三絃
  • 作曲/評論
  • 研究/演奏団体

和谷泰扶〈ハーモニカ〉

Yasuo Watani〈Harmonica〉

和谷泰扶

 6歳よりハーモニカを始める。FIH ジャパン・ハーモニカ・コンテスト(クロマチック部門)で第1位を受賞。「日本ハ-モニカ賞」受賞。

 同志社大学商学部卒業後、ホーナー・コンセルヴァトリウム(トロッシンゲン市立音楽院)の招待留学生として渡独、H.ヘロルド氏に師事。英国の名手T.ライリー、H.ノートの両氏に師事。1987年、第1回ワールド・ハーモニカ・チャンピオンシップス(ドイツ)で第2位に入賞。ラリー・アドラー氏に絶賛される。88年、国際ハーモニカ・コンクール(オランダ)第1位及び特別賞。89年、第2回ワールド・ハーモニカ・チャンピオンシップス第1位。

 京都市響、東京フィル、大阪フィル、新日本フィル、仙台フィル、新星日響、群響、九州響、ロイトリンゲン市響等と共演。98年、国際交流基金の派遣でアルゼンチン、ブラジル公演に参加。サイトウ・キネン・フェスティバル松本(96年)、「東京の夏」音楽祭(99年)、東京・春・音楽祭(2011年)に出演。従来のハーモニカの概念を塗り替える超絶技巧と音楽性は世界的な注目を集めている。

 1991年~2002年、ホーナー・コンセルヴァトリウム主任講師。現在はソロ、室内楽奏者として活発な演奏活動を展開している。近年は、香港、シンガポール、台湾などに度々招かれ、マスタークラスやコンサートを開催する。1996年「村松賞」、98年「京都府文化賞奨励賞」、「第6回バロックザール賞」受賞。2005年より洗足学園大学講師。