指揮

トップページ > アーティスト〈指揮〉> 小泉ひろし(こいずみ・ひろし)

アーティストのご紹介
  • 指揮
  • 声楽
  • ピアノ
  • 弦楽器
  • 管楽器
  • 室内楽
  • ギター/ハープ
  • ハーモニカ/マリンバ
  • 箏・三絃
  • 作曲/評論
  • 研究/演奏団体

小泉ひろし〈指揮〉

Hiroshi Koizumi〈Conductor〉

小泉ひろし

 桐朋学園大学卒業。指揮を齋藤秀雄氏に師事。卒業と同時に東京都響副指揮者に就任。第1回民音指揮者コンクール第3位入賞。1970年、桐朋学園オーケストラのヨーロッパ公演に指揮者団として参加。その後、ウィーン国立音楽大学に入学、指揮をハンス・スワロフスキー、オペラをカール・エッティ、バロック音楽をヨゼフ・メルティンの各氏に師事。71年、72年にオーストリアのオシアッハ国際音楽祭でクラーゲンフルト国立管を指揮。74年にはウィーン・トーンキュンストラー管を指揮し、好評を得る。同音大卒業に際し、最優秀賞を受賞。94年10月にはメキシコ響に客演し、絶賛を博した。

 国内では、東京フィル、東京都響、神奈川フィルをはじめ数多くのオーケストラを指揮。NHK名曲アルバムにも数多くの録音を残している。また、大阪シンフォニカー響(現大阪交響楽団)の常任指揮者を創設期に10年間務め、オーケストラのレヴェル・アップに大きく貢献する。特に宗教音楽のジャンルにおいては、優れた解釈による格調高い演奏が高く評価されている。殊にヘンデルの「メサイア」は、2013年に48回を迎える神奈川県立堂「メサイア」、藝大「メサイア」をはじめ、毎年全国各地で演奏を重ねている。