指揮

トップページ > アーティスト〈ピアノ〉 > 近藤嘉宏(こんどう・よしひろ)

アーティストのご紹介
  • 指揮
  • 声楽
  • ピアノ
  • 弦楽器
  • 管楽器
  • 室内楽
  • ギター/ハープ
  • ハーモニカ/マリンバ
  • 箏・三絃
  • 作曲/評論
  • 研究/演奏団体

近藤嘉宏〈ピアノ〉

Kondo Yoshihiro〈Piano〉

近藤嘉宏

 桐朋学園大学を首席卒業。その後、ミュンヘン国立音楽大学においてゲルハルト・オピッツのもとでさらなる研鑚を積む。1987年日本音楽コンクール第2位。92年ミュンヘン交響楽団との共演でデビュー、大成功をおさめる。国内では95年に正式にデビュー、翌96年にはCDデビューを果たし、一躍注目を集めた。以来、日本を代表するピアニストとして第一線で活躍、Denon、Decca、Bellwoodなど数多くのレーベルから30タイトル以上のCD及びDVDを国内外でリリース、その内容はソロ、協奏曲、室内楽と多岐に渡る。

 フェスティバルホール(大阪)における合計20回に及ぶリサイタル(1998〜2008年)や、99年にショパン没後150年を記念して全国各地で行ったツアーは驚異的な動員数と共に、絶賛を博す。2001年チョン・ミュンフン主宰「セブン・スターズ・ガラ・コンサート」に出演、チェロのジャン・ワンと白熱した演奏を繰り広げる。05年にはデビュー10周年を記念し、サントリーホールとザ・シンフォニーホール(大阪)でリサイタルを行い高い評価を受けるなど、着実にキャリアを積み重ねている。

 06年、ウィーン・ムジークフェライン・ブラームスザールにおいてリサイタル。10年、プラハにおいてショパンの協奏曲とシューマンのピアノ五重奏曲をマルティヌー弦楽四重奏団と共演。

 13年シマノフスキー弦楽四重奏団とシューマン、ドヴォルザークのピアノ五重奏曲を共演し絶賛を博すなど、今後の国際的な活躍も大いに期待されている。

 これまでにミュンヘン響、スーパーワールドオーケストラ、“ジョルジュ・エネスコ”ブカレスト・フィル、東京フィル、東響、新日本フィル、日本フィル、大阪響、広島響をはじめとする数多くの国内外のオーケストラに客演、ネーメ・ヤルヴィ、トーマス・ザンデルリンク、クリスティアン・マンデアル、外山雄三、秋山和慶、広上淳一、金洪才など多くのマエストロと共演を重ね、厚い信頼を寄せられている。

 またプロデューサーにギタリストの鈴木大介を迎え、ベートーヴェンのピアノ・ソナタ全曲を録音、特に13年にリリースされた後期ソナタを収録したアルバムでは、レコード芸術誌特選盤となり、深化した音楽性に高評価を得た。また15年5月にリリースされたクァルテット・エクセルシオとの共演によるCD「近藤嘉宏&クァルテット・エクセルシオ ブラームス&シューマンピアノ五重奏曲」(ナミレコード WWCC-7785)は音楽専門各誌上で絶賛された。最新アルバムは「近藤嘉宏ショパン愛奏曲集」(レコード芸術誌準特選盤)。

 16年にはミュンヘンのマックス・ヨゼフ・ザールでリサイタル、またウィーンのムジークフェライン大ホールにベート-ヴェンの「皇帝」でデビューするなど、デビュー20周年を迎えその活動の幅は更なる広がりを見せている。

 14年より和光市民文化センター ミュージック・パートナーを務める。

近藤嘉宏フェイスブック https://www.facebook.com/yoshihirokondopianist/

近藤嘉宏オフィシャルブログ http://ameblo.jp/yoshihiro-kondo/