指揮

トップページ > アーティスト〈室内楽〉 > クァルテット・エクセルシオ

アーティストのご紹介
  • 指揮
  • 声楽
  • ピアノ
  • 弦楽器
  • 管楽器
  • 室内楽
  • ギター/ハープ
  • ハーモニカ/マリンバ
  • 箏・三絃
  • 作曲/評論
  • 研究/演奏団体

クァルテット・エクセルシオ〈弦楽四重奏団〉

Quartet Excelsior〈String Quartet〉

クァルテット・エクセルシオ

 西野ゆか(第1ヴァイオリン)
 山田百子(第2ヴァイオリン)
 吉田有紀子(ヴィオラ)
 大友 肇(チェロ)

 2012年には83公演を行った日本では数少ない常設の弦楽四重奏団。ベートーヴェンを軸に王道のレパートリーを展開する東京・京都・札幌での定期公演、20世紀以降の現代作品に光を当てる“ラボ・エクセルシオ”「20世紀 日本と世界」シリーズ、人気傑作選「弦楽四重奏の旅」、01年から出演している第一生命ホールの「クァルテット・ウィークエンド」の4シリーズを展開しつつ国内外で活動。また、幼児から学生のためのコンサートや地域コミュニティ・コンサートを通じて、室内楽の聴衆の輪を広げていく活動にも力を注いでいる。

 1994年結成。96年、第1回東京室内楽コンクール第1位、同年、第2回大阪国際室内楽コンクール第2位、97年、青山音楽賞奨励賞(現バロックザール賞)受賞、2000年、第5回パオロ・ボルチアーニ国際弦楽四重奏コンクールで最高位を受賞。

 NHK-BS「クラシック倶楽部」、NHK-FM「FMリサイタル」等の放送番組に出演。ホール主催公演「新日鐵プロミシング・アーティスト・シリーズ」、「プロジェクトQ」、「クァルテット・ウェンズデイ」等に出演を重ねる。また、数多くの音楽祭にも参加している。

 ウズベキスタン共和国(2006年)、ルーマニア(2009年)、米・ホノルル(2011年)に招聘されるなど、国際社会における日本の文化交流も積極的に行っている。

 CDは「QUARTET EXCELSIOR」「QUARTET EXCELSIOR~死と乙女」「林光の音楽」「日本の作曲:21世紀へのあゆみ」など多数をリリース、最新作は結成20周年を記念した「QUARTET EXCELSIOR~ボロディン第2番&ドヴォルザーク “アメリカ” “糸杉”」。2008年度第19回新日鉄音楽賞受賞。

 2014年は結成20周年を迎え、今後10年間で、クァルテットの主要レパートリーを中心に20枚のCDリリースを計画するなど、更なる意欲的な活動を目指している。

 サントリーホール室内楽アカデミーでコーチング・ファカルティに就任、後進の指導にもあたるなど、更に弦楽四重奏の魅力を伝えるべく邁進している。

 2015年には弦楽四重奏団としては初めて、第16回ホテルオークラ音楽賞を受賞。

クァルテット・エクセルシオ 公式ウェブサイト
 http://www.quartet-excelsior.jp/